Qorretcolorage - コレカラージュ

これから彩り重ねる人生
マチュアを楽しむ、ヒトマガジン
A

LA Report | Vol.3

注目のMalibuワイン パート1

隠れたカリフォルニアワインの名所、Malibu(マリブ)

マリブはサンタモニカの北西に位置するビーチシティ。ロサンゼルスではビバリーヒルズなどと並び、多くのセレブが暮らす高級住宅地として知られています。太平洋沿岸の海岸線に面し、後ろにはズマキャニオンやトパンガキャニオンなどの山々。関東で例えると「鎌倉」のような、昔からサーファーに愛される自然豊かでちょっと大人の街です。

そんなマリブには、ロサンアンジェリーノたちにさえもあまり知られていない隠れ家的なワイナリーが点在。カリフォルニアワインと言えば、ナパバレーやセントラルコーストが有名ですが、意外にもロサンゼルス中心部から近いところにもワインの名所があるのですよ。

LA通信では、そのいくつかを数回に渡ってご紹介していきます。

part1 Malibu Wines 〜 Semler/ Saddlerock 〜

WinesSemler家が営むMalibuWinesはマリブで3番目に古いワイナリー。
元々はアヴォカド畑であった土地をある不作の年を境にぶどう畑にしたところからワイン造りが始まりました。現在ではマリブ最大の規模を誇り、テイスティングルームには連日常連を多く含む、たくさんのワイン好きが訪れています。
マリブの山頂に位置し、天気の良い日にはピクニックをしながらワインテイスティングが楽しめる、とても気持ちのよい空間です。

1

ワインは100%マリブ産のぶどうで醸造した“Semler(セムラー)”とカリフォルニア北部セントラルコースト産のぶどうをマリブで醸造した“Saddlerock(サドルロック)”の2ブランドが主で、春~夏の時期には白やロゼ、秋~冬には赤(カヴェルネソーヴィ二ヨンなど)が大変人気だそうです。

今回は季節によって種類で構成されているテイスティングコース” Semler Estate Flight”コースから2種、

“Saddlerock Ranch Flight”コースから2種と、テイスティングメニューには載っていませんが
春先から夏にかけて人気のSaddlerock Orange Muscatの全5種類を試飲しました。

素人ながら、各ワインの味をコメントします(笑)

今回の案内人Jamie.① 2010 Semler Voignier(セムラー ヴェニエ/白)
ほのかに甘く、花や蜂蜜のような香りが特徴的。
アーモンドやドライアプリコットのような味わいも感じました。
昼下がりにぴったりな爽やかさ。

② 2010 Saddlerock Orange Muscat(サドルロック オレンジマスカット/白)
①よりもさらに甘さが強い、フルーティな白ワイン。
午後にアペリティフに、また軽めなデザートワインとしても良いかも。

③ 2007 Semler Cabernet Sauvignon(セムラー カベルネソーヴォニヨン/赤)
とっても飲みやすい!というのがひと口目の感想。
しっかりとした香りを備えつつ、適度な若々しさと舌に残る渋さの両方感じました。
いつでも誰とでも美味しく頂けそうな1本です。

④ 2010 Saddlerock Merlot(サドルロック メルロー/赤)
③のカベルネ・ソーヴィニヨンよりもスパイスを感じました。
ミディアムボディで、後味にバニラとタバコのような甘さと苦さが混在しているような印象です。

⑤ 2009 Saddlerock Petite Sirah(サドルロック プティシラー/赤)
深い紫色が印象的なバランスのよいワインです。
重すぎず、かといって軽い印象もなく、とても美味しい1本。

2

5本目をテイスティングする頃には、言うまでもなく、おつまみが欲しくなりました(笑)。
好みのチーズやサラミ、ピクルスやパンなどを持って、家族や友人たちとゆっくりワインを味わいながらピクニックしたら、さぞや幸せ!と思う極上スポットです。

Malibu Wines
31740 Mulholland Highway
Malibu, California 90265
Tel: 818-865-0605
☆週末/休日は混雑が予想されます。パーキング情報などを事前に確認してからお出かけください
http://malibuwines.com/

LATEST ENTRIES

Revive Japan - Travel Note 番外編

高湯温泉

Text : Keiichi Hasegawa

『似合う』があるハッピーライフ 番外編

ビューティーグッズがあるハッピーライフ

Text : Harumi Nakajima

『似合う』があるハッピーライフ Vol.10

祝 成人〜娘の振袖選び〜

Text : Harumi Nakajima

温泉くん Vol.23

湯ノ花温泉(福島県)

Text : Ayumu Komatsu

NEWS & OHTER TOPICS

Hope Pageants International

Revive Japan - Travel Note Vol.5

「木を食べる」- 静岡理工科大学 志村 史夫 教授

Text : Keiichi Hasegawa

『似合う』があるハッピーライフ Vol.9

骨格タイプ別 トレンチコートの着こなし

Text : Harumi Nakajima

Revive Japan - Travel Note Vol.4

「木を食べる」-天竜 T.S.ドライシステム協同組合

Text : Keiichi Hasegawa

icon-arrow-lup