Qorretcolorage - コレカラージュ

これから彩り重ねる人生
マチュアを楽しむ、ヒトマガジン
F

セカイ通信 スペシャル | Vol.スペシャル

クリスチャン・ヴィエリ Mr.Vieriから
Mirroirの皆様へ♥に込められたメッセージ!

   Text : Masami Watanabe

世界的なサッカー選手でありイタリアの国民的英雄 でもある、Christian Vieri(クリスチャン・ヴィエリ)と Paolo Maldini(パオロ・マルディーニ) の 2 人のアイデアによって誕生した大人のためのイタリアンカジュアルブランド“SWEET YEARS(スウィートイヤーズ)”。原宿のUC the Loungeで開催された、ブランドの新しいラインSY32 by SWEET YEARSのイベントにミロワも参加して参りました!

SY050

“スポーツを通じて国や人種を越えたより良い世界を作ろう”と、SWEET YEARS を発表してから、有名スポーツ選手をはじめ、女優、 モデルなど多くの著名人にも愛され、本国イタリアをはじめ、日本、イギリス、ドイツ、クロアチア、ニュージーランド、メキシコで展開。更にドバイでの出展も決まり、今、世界規模で飛躍中のブランドです。

集まった人々からは、まもなく開幕のブラジルワールドカップに関する質問が多く飛び交う中、今回、ミロワからの『旅』に関する質問に答えて頂きました。

SY097

Mirroir: 日本の印象は?温泉に行ったり、日本国内を旅してことはありますか?

Vieri氏: 日本に来る時は、いつも2〜3日という短い滞在で、残念ながらまだ東京以外の土地にプライベートで旅するチャンスには恵まれていないですね。でも、2002年のワールドカップの時には仙台に約1ヶ月間滞在したよ。人も優しくて、食事も美味しくて、すごく楽しかった!でも、毎日練習と試合ばかりだったからね(笑)。日本は大好きな国なので、次回はせめて10日間くらいは滞在してゆっくり温泉等を周遊してみたいね。

MIrroir: 世界中を訪れているヴィエリさんが、その中でいちばん好きな場所はどこでしょう?

Vieri氏:素晴らしいところは沢山あるけれど、スペインのイビサ島かな。

Mirroir: どうして?

Vieri氏: 特に理由はないけれど、ただただ好きだから(笑)

Mirroir: では、30日間のお休みがもらえたら、今行きたいヴァカンスのデスティネーションは?

Vier氏: うーん、やっぱりイビサかな。僕はイビサが大好きで、実はとなりのフォルメンテラ島に家を持っているんだ。だから時間ができると必ず訪れて、ゆったりとした時間を楽しんでいるよ。基本的には短パン、Tシャツというカジュアルスタイルで、リラックスして過ごすのが好きですね。

BOBO010

Mirroir: ミロワウェブの読者の皆さんへぜひメッセージをお願いします。

Vieri氏: いつでも何事にもポジティブに生きてほしい。そして、何事も愛することをやめないで!愛は大事。僕のブランドSWEET YEARSのロゴがハートなのは、そういうメッセージを込めているから。いくつになっても楽しく、愛溢れる毎日を!

Mirroir: ヴィエリさん、どうもありがとうございました。Grazie mille(♥)

BOBO024

「いつまでもポジティブに!愛することをやめないで!」— 素敵な言葉でした。
ちなみに、2014年サッカーワールドカップブラジル大会に関して、「どこの国が優勝するか?」の問いかけには、「わかっていたら、totoで大当たりしているよ!」と笑顔でおちゃめな発言をしていたのが印象的でした(笑)
ぜひSY32 by SWEET YEARSをチェックしてみてくださいね。

http://sy32.jp/

LATEST ENTRIES

『似合う』があるハッピーライフ Vol.10

祝 成人〜娘の振袖選び〜

Text : Harumi Nakajima

温泉くん Vol.23

湯ノ花温泉(福島県)

Text : Ayumu Komatsu

NEWS & OHTER TOPICS

Hope Pageants International

Revive Japan - Travel Note Vol.5

「木を食べる」- 静岡理工科大学 志村 史夫 教授

Text : Keiichi Hasegawa

『似合う』があるハッピーライフ Vol.9

骨格タイプ別 トレンチコートの着こなし

Text : Harumi Nakajima

Revive Japan - Travel Note Vol.4

「木を食べる」-天竜 T.S.ドライシステム協同組合

Text : Keiichi Hasegawa

Revive Japan - Travel Note Vol.3

「木を食べる」- つぶ食 いしもと

Text : Keiichi Hasegawa

Revive Japan - Travel Note Vol.2

「木を食べる」- 天竜杉と樽脇園

Text : Keiichi Hasegawa

icon-arrow-lup