Qorretcolorage - コレカラージュ

これから彩り重ねる人生
マチュアを楽しむ、ヒトマガジン
A

イベントレポート

LOVE ♥ JAPAN
やっぱり日本が好き!

   Text : Yoko Maeda
Photo : Kumiko Suzuki, Tezuro Hirano

和食バンザイ!究極のお土産〜日本はこんなにもおいしい!〜

全国各地に地域の特産をいかした〝おいしい″お土産があります。でも、そのほとんどを私たちは知りません。観光庁監修で新潮社刊の『究極のお土産』は、食に造詣が深いプロたちが厳選したお土産を紹介した一冊。 Qorretcolorageでは、その本の中からさらに厳選した商品をご紹介します。
もちろんいずれも観光庁お墨付きの「世界に通用する究極のお土産」認定商品。
ぜひ実際に手に取って、味わっていただきたい逸品です。

kyukyokubon

『究極のお土産』 http://www.shinchosha.co.jp/order/335211/

<青森県> 浪岡アップルサイダー

0N8A4036

温めても、冷たいままでもOKのりんごジュース。季節、収穫時期に合わせてさまざまな品種の中から選りすぐったリンゴをブレンドしています。これからの季節はホットがおすすめ。りんごの甘い香りに包まれる、優しいティータイムを。
PaSaPa青森・地域社会づくり研究会 http://www.n-applecider.jp/

<神奈川県> 燻製セット

0N8A4054

燻製といえば、魚介類や肉類を思い浮かべますが、こちらのおすすめは調味料。醤油、胡麻油、塩、黑胡椒を燻製にしています。燻すことで、独特の風味と香りが加わり、いつもの料理もグンと味わい深くなるのでは。
横浜燻製工房 http://kuriu.online-store.jp/

<京都府> 千枚漬

DSC00020

京都・西京極で創業80余年。納得の材料と手法で作る漬物が評判です。看板商品の千枚漬は、聖護院かぶらがおいしくなる時期を待って生産される極上の漬物。今年の販売は12月1日から。数に限りがあるので、お早目に。
京つけもの川久 北尾商店 http://homepage2.nifty.com/kawakyu/

<広島県> 江波せんべい 海鮮しぼり焼牡蠣

0N8A4095

素材そのものの旨味をギュッと閉じ込めるしぼり焼。ひと口食べれば、濃厚な牡蠣の旨味が口いっぱいに広がります。広島産江波産の牡蠣一粒を一枚に使用。お酒との相性抜群で、日本酒のお供に、少しずついただくのがおすすめです。
巴屋清信 http://tomoe-ya.co.jp/kaki/

<広島県> 透かしちりめん・透かし貝柱・透かし海老

0N8A4080

特許機器の圧縮機で、ちりめんや貝柱、海老などを瞬間膨化。添加物はもちろん調味料なども加えず、水分を飛ばし、素材の味だけを閉じ込めます。やわらかな食感のお茶請けにも、お酒のおつまみにもぴったり。
ねっかけんサワノ http://www.nekkaken.com/

<鹿児島県> からすみ

0N8A4027

鹿児島近海で採れたボラの卵を屋久島産の塩、島焼酎「三岳」で漬け込んでいます。他のからすみとは一線を画す味わいで、濃厚でチーズのようなコクも感じられます。パウダー状にしたものは、パスタにひとふりしたりと、料理に加えるのに便利。
屋久島からすみ あきもと http://www.yakushima-kirari.com/

<鹿児島県> 鹿児島県種子島のインギー地鶏と国産むね肉のみで創ったチョップドハム

masuya

鶏肉のみのチョップドハムやソーセージは無添加では不可能と言われていましたが、それを実現。むね肉のみではパサついてしまうと言われていましたが、天然ミネラルとひまわりから出来た食物繊維を加えることで解消。これによって世界で唯一の無添加で食感のあるジューシーなチョップドハムが完成しました。
鹿児島ますや http://www.kurobuta-ichiban.co.jp/

『究極のお土産』選者のおひとり タベアルキスト マッキー牧元氏

macky

「いただきます」。「ごちそうさま」。
我々が食事を前にして発する言葉は、自然の恵みへの敬意であり、生かされていることへの感謝である。そんな自然を畏怖し、敬い、共生してきた、世界でも稀有な民族の智恵が集結した、「究極のお土産」。どの品も、他の命を絶って自分が生かされていることを忘れていない、食べものである。だからゆえに、国を越えても支持されるであろうし、その味はどこまでも、優しく、温かく、たくましい。

LATEST ENTRIES

『似合う』があるハッピーライフ Vol.10

祝 成人〜娘の振袖選び〜

Text : Harumi Nakajima

温泉くん Vol.23

湯ノ花温泉(福島県)

Text : Ayumu Komatsu

NEWS & OHTER TOPICS

Hope Pageants International

Revive Japan - Travel Note Vol.5

「木を食べる」- 静岡理工科大学 志村 史夫 教授

Text : Keiichi Hasegawa

『似合う』があるハッピーライフ Vol.9

骨格タイプ別 トレンチコートの着こなし

Text : Harumi Nakajima

Revive Japan - Travel Note Vol.4

「木を食べる」-天竜 T.S.ドライシステム協同組合

Text : Keiichi Hasegawa

Revive Japan - Travel Note Vol.3

「木を食べる」- つぶ食 いしもと

Text : Keiichi Hasegawa

Revive Japan - Travel Note Vol.2

「木を食べる」- 天竜杉と樽脇園

Text : Keiichi Hasegawa

icon-arrow-lup