Qorretcolorage - コレカラージュ

これから彩り重ねる人生
マチュアを楽しむ、ヒトマガジン
D

温泉くん | Vol.16

湯河原温泉

   Text : Ayumu Komatsu

こんにちは。温泉王子、通称「温泉くん」こと小松 歩(こまつ あゆむ)です。
今回ご紹介する温泉は、山と海に囲まれた神奈川の名湯「湯河原温泉」です。

神奈川と静岡の県境、湯河原町にある湯河原温泉。都心からのアクセスも良く、電車でも行きやすい温泉地です。近くには、いつも混んでいる熱海温泉や箱根温泉があり、そちらに比べると、静かで落ち着いた印象です。休日に思い立って、フラっと行っても空いているので、ゆっくり過ごせる、実は穴場的な温泉でもあります。

1

湯河原温泉の中心は、JR湯河原駅から路線バスで10分ほど山側に行ったところ。千歳川に沿って、旅館が立ち並ぶ温泉街は、純和風の日本建築がメインの風情ある景色です。大正・昭和初期に建てられた貴重な旅館が多く残り、国の登録有形文化財に指定されている建物もあり、レトロなだけでなく、格式高い雰囲気です。さすが、明治の文豪・国木田独歩や夏目漱石、島崎藤村、芥川龍之介などなど、多くの文人に愛された温泉ですね!

2

そんな湯河原温泉ですが、日露戦争後には軍指定の戦傷者保養所になるほど、お湯の効能も豊か!温泉地全体で100本以上の源泉を有するため、湯量も豊富です。そのためか、観光地の印象が強い湯河原温泉ですが、今でも病気療養や健康維持のため、「湯治」に訪れる人も多くいらっしゃいます。
そんな湯河原温泉の代表的な泉質は、ナトリウム・カルシウム/塩化物・硫酸塩泉。無色透明でクセがなく、刺激の少ないやさしいお湯です。昔から傷に良いとされ、飲めば胃腸の調子も整えてくれるんだそうです。そして、お肌にミネラルを補給し、モチモチにしてくれる「美人の湯」でもあります。

3

実際に入ってみると、男の僕でも効果を実感!肌に吸い付き、馴染む感じが心地よく、化粧水の中に入っているような感覚でした。湯上りはお肌モチモチ!その後、一日中お肌ツヤツヤな状態が続きました!

湯河原なら割と近いですが、毎日は厳しいですよね…それならご家庭のお風呂で温泉気分を味わいたいものです。
僕が使っているのはコレです↓
『旅の宿 とうめい湯シリーズパック』

4

ご家庭で全国各地の温泉を楽しめます。昔ながらの定番品ですが、やっぱりいいですよね!(湯河原の湯はないですが…笑)

都心から2時間弱で行ける名湯。新鮮な海の幸や、B級グルメ「坦々やきそば」など、グルメも魅力です。

小松 歩
(Ayumu Komatsu)
1987年東京生まれ。大学の4年間を北海道で過ごし、その間に生死を彷徨う交通事故の後遺症治療で湯治を体験し、温泉に目覚める。
今では全国で1,100ヶ所以上の温泉に入り、今春には3年間努めたハウスメーカーを退職し、日々、温泉の研究に励みながら「温泉くん/温泉王子」として執筆活動をスタート。
連載に燃えています!

LATEST ENTRIES

『似合う』があるハッピーライフ

番外編
ビューティーグッズがあるハッピーライフ

Text : Harumi Nakajima

『似合う』があるハッピーライフ Vol.10

祝 成人〜娘の振袖選び〜

Text : Harumi Nakajima

温泉くん Vol.23

湯ノ花温泉(福島県)

Text : Ayumu Komatsu

NEWS & OHTER TOPICS

Hope Pageants International

Revive Japan - Travel Note Vol.5

「木を食べる」- 静岡理工科大学 志村 史夫 教授

Text : Keiichi Hasegawa

『似合う』があるハッピーライフ Vol.9

骨格タイプ別 トレンチコートの着こなし

Text : Harumi Nakajima

Revive Japan - Travel Note Vol.4

「木を食べる」-天竜 T.S.ドライシステム協同組合

Text : Keiichi Hasegawa

Revive Japan - Travel Note Vol.3

「木を食べる」- つぶ食 いしもと

Text : Keiichi Hasegawa

icon-arrow-lup