Qorretcolorage - コレカラージュ

これから彩り重ねる人生
マチュアを楽しむ、ヒトマガジン
F

セカイ通信 PARIS篇 | Vol.4

RYUZOが作る“食”

   Text : RYUZO NAKATA

コラムも、これで、4回目・・・
3回目の新年から、もう・・・4月・・・アッという間です・・・
新年早々に、知り合いのボクサーの試合を観に、パリから180KMの所に・・・

1

頑張って・・・

2

特別席で、シャンパンを飲みながらの観戦・・・

3
4

2ラウンド、1分20、キックで勝ちました・・・

フランスは、良い・・・
飲みながら・つまみながら・・・観戦が出来るのです・・・

・ ・・で、既に、4月・・・
今までの3回・・・パリのRESTAURANTばかりだったので
今回は、自分が、パリに34年間住んで・・・
食べ歩いて、いろいろと思って、家で作る料理を・・・
(なんて・・・そんな大袈裟なものではありませんが)

外食は楽しい・・・
でも、誰と・何処に・何時・・・
会話や、いろいろですよね・・・
それでも、外食ばかりだと、飽きます・変化がほしい・・・
流行のお洒落な料理も良いけど、普通のものが食べたい・・・

そうなると、家で、仲間と・・・
そんな感じで、なんとなく・・・作るようになりましたが・・・
元は、仕事との気分転換・・・

簡単なのは、部隊さん達が来たら、即効で出来るサンド・・・

5

ハムとスクランブルのサンド・・・
+トリュフ

6

ホットケーキ+生クリーム・・・
+トリュフ

7

これは、バゲットでのサンド
野菜たっぷりで健康的・・・

8

アペロのあてに
やっぱりトリュフが良い・・・

週末など、ゆっくり起きてのブランチは・・・
天気が良ければ、洋風?・・・

9

ハンバーガー・・・

10

トマトソースのパスタ・・・

飲みすぎの二日酔いの日は、お米が良いですね・・・
お汁系・・・すっきり・・・
パリでも、この系統のRESTAURANTは、ありますが、いちいち行くのも面倒
では、家でだらだらと・・・

11

丼物・・・最高です・・・

12

汁物・・・あーまったり・・・

13

ソーセージライス・・・

14

うどん+ソース(何でもOK)・・・

パリで、この種を食べるのが、なかなか精神的にも贅沢&満足なのです・・・
ラーメンでも、10€・・・1300円、日本では考えられませんよね・・・
納豆なんて、日本で3パック100円が、1パックで100円以上なのです

では、夕食は?・・・
家で単純に食べるなら・・・
でも、若干お洒落に・・・

15

カレーライス・・・

16

お肉+お芋・・・

17

天ぷら・・・

18

お魚を焼いて・・・

当然、カレーには、コーンスープ・・・
後は、白いご飯や味噌汁が、絶対・・・
普通は、これで、満足なのです・・・
フランスの家族では、夕食は、結構単純に
パスタ・・・オムレツ・・・チーズ・・・
寝る前には、あまり食べない習慣が・・・
でも、日本人は、夕食が一番の食・・・1日、お疲れ様・・・
ホッとしながらの楽しみなのです・・・

昔、フランス人女性と、付き合っていましたが、
やっぱり、夕食での感覚の違いが・・・問題・・・
今の時代なら、ある程度以上のフランス人なら、和食や日本人を理解出来るはずですが・・・
生まれ育ちの違いは絶対にありますね・・・
同じ料理を、お互いに、美味しいは美味しいと思えるほうが良いですよね・・・

19

トンカツ・・・

20

蒸し魚・・・

綺麗に盛り付けると、それだけで・・・美味しそうなのです・・・

夕食でも、週末、友達を呼んで・・・
そうなると、これは又、別ですよね・・・張り切ります・・・
市場に行き、良さげな食材を・・・頭の中は、いろいろな創造・・・
皆、喜ぶかな?・・・と・・・

当然、近所の知り合いのお店にも行って・・・
オリーブオイルから、生クリームなどを・・・
ついでに、フランチェスコと一杯・・・

21

イタリア食材屋のフランチェスコ・・・

22

オリジナルのオリーブオイル・・・

23

有名な生ハム屋さん・・・

パリの市場なら、最高なのが・・・イエナ橋の市場AV WILSON 8区)・・・
ここにある、八百屋、JOELが良い・・・
有名なRESTAURANTは皆、ここで仕入れています・・・
お肉は、DESNOYEE(15区)・・・

さて・・・御もてなし料理を作りますか・・・

24

王道の卵・・・

25

シャンピニョンの素揚げ+野菜・・・

30

野菜+パスタ・・・

27

生のシャンピニョン・・・

当然、アペロのハムから始まり、前菜から・・・卵系・・・お野菜・・・
最近、野菜は、大きく、そのままの大きさで・・・自然に・・・
が、勝手なテーマなのです・・・フランスの野菜は、美味しい・・・

日本の野菜は、味が無い・・・まあー温室で無理やり作っているからですよね?・・

28

野菜+キノコ類・・・

29

ねぎ+お魚・・・

本当に、野菜が美味しい・・・
素敵なオリーブオイルだけで・・・最高なのです・・・

30

魚のフライ+野菜・・・

31

お肉のコロッケ・・・

32

パスタ+野菜・・・

33

口休めの野菜&チーズ・・・

34

パスタ・・・

35

カリフラワー丸ごとオーブン・・・

36

ステーキ+芋+野菜・・・

37

パスタ+野菜・・・

38

ステーキ+野菜・・・

39

ステーキ+野菜・・・

フランスの赤肉は、日本のあれ、とは、違って、噛むほどに、美味しいのです・・・

まあー何となく、こんな感じですが・・・
出汁を取り・・・食材・・・盛り付け・・・
全てが楽しいのです・・・

40

ミニトマトの・・・

41

牡蠣・・・

42

フライ・・・

43

白身のお魚・・・

44

豚肉の・・・ 

45

ペンネ・・・

今度は、何時も何時も、家だと飽きますよね・・・
ブラリと・・・1人で街に・・・CAFÉに・・・ワインBARに・・・
繰り出します・・・

46

アランデュカスのソムリエと・・・

47

カウンターで・・・

48

パリジャンと・・・

49

いろんな出会いがあります・・・

・・・で、又・・・RESTAURANTに行くのですが・・・
今回の紹介は、パリでアランデュカスで腕を振るい、独立した“RESTAURANT KEI“・・・
早々にミシュランの星を獲得・・・

50
51
52
54
55
56
57

KEIさんと、食事の後・・・

・・・え?何処か、僕の料理と、違いますか?・・・なんて・・・
もっと、勉強しなければ・・・

中田 龍三
(RYUZO NAKATA)
1981年渡仏。メンズ、スポーツウエアー、バックなど服飾に関わるアシスタントを経て1984年より「エマニエル・ウンガロ」に従事。チーフデザイナーとして17年間活躍、コレクションにて世界各国を回る。2002年独立「RYUZO NAKATA PARIS」を立ち上げる。南仏でのヴァカンスにて、デニムに絵を描いたものが口コミで広がり、現在ファッションジャンルとして確立しているスワロフスキーやレースなどを施したデニム「ビジューデニム」の発案者として高い評価を得る。着心地と美しさを追求する細かい工程での製法、大量生産では出来ないオールハンドの服作りを今なお追求、パリ・メゾンのやり方を受け継ぐ。2011年より衣装製作、テーブルファブリックの出展などその活動を広げている。
http://ryuzo-nakata.com/

LATEST ENTRIES

『似合う』があるハッピーライフ Vol.10

祝 成人〜娘の振袖選び〜

Text : Harumi Nakajima

温泉くん Vol.23

湯ノ花温泉(福島県)

Text : Ayumu Komatsu

NEWS & OHTER TOPICS

Hope Pageants International

Revive Japan - Travel Note Vol.5

「木を食べる」- 静岡理工科大学 志村 史夫 教授

Text : Keiichi Hasegawa

『似合う』があるハッピーライフ Vol.9

骨格タイプ別 トレンチコートの着こなし

Text : Harumi Nakajima

Revive Japan - Travel Note Vol.4

「木を食べる」-天竜 T.S.ドライシステム協同組合

Text : Keiichi Hasegawa

Revive Japan - Travel Note Vol.3

「木を食べる」- つぶ食 いしもと

Text : Keiichi Hasegawa

Revive Japan - Travel Note Vol.2

「木を食べる」- 天竜杉と樽脇園

Text : Keiichi Hasegawa

icon-arrow-lup