Qorretcolorage - コレカラージュ

これから彩り重ねる人生
マチュアを楽しむ、ヒトマガジン
D

温泉くん | Vol.22

日光湯元温泉

   Text : Ayumu Komatsu

こんにちは。温泉王子、通称「温泉くん」こと小松 歩(こまつ あゆむ)です。
今回ご紹介する温泉は、栃木県の一大観光スポット・日光の奥地に湧く「日光湯元温泉」です。

DSCF2226

世界遺産の日光東照宮や華厳の滝、いろは坂に中禅寺湖など、近年パワースポットとしても注目を浴びている「日光」。訪れれば、歴史的な建造物や大自然の迫力が、一気に運気を高めてくれそうなスポットです。でも、パワースポットといえば、「温泉」も忘れてはいけません。今回ご紹介する「日光湯元温泉」は、日光の中でも奥地に位置する温泉。中禅寺湖畔等、近くの温泉施設にまで分湯するほどの湯量を誇り、温泉パワーは絶大です。

DSCF2277

「日光湯元温泉」へのアクセスは、中禅寺湖から車で20分ほどです。土日ともなれば観光客で込み合う中禅寺湖畔ですが、もう少し足を伸ばせば「日光湯元温泉」。湯ノ湖の湖畔に形成された、大自然の広がる風光明媚な温泉街は、休日でも驚くほど混むということもなく、落ち着いた時間を過ごせる、日光の「穴場」的なスポットです。

DSCF2335
DSCF2280

夏は冷涼な気候が気持ち良い、避暑地的なエリアですが、冬の寒さが厳しいため、昭和初期まで主に夏のみの「湯治場」だった「日光湯元温泉」。温泉の発見は788年までさかのぼるほどの古い歴史があります。現在は20数軒の旅館・ホテル等の温泉施設が、一年を通して営業を行い、温泉街のすぐ横にはスキー場も完備。雪深い冬期間でも人気の温泉地です。

DSCF2290

「日本で4番目に濃い硫黄温泉」といわれるほど濃厚なお湯は、美しい青緑がかった乳白色。その他、カルシウムやナトリウムといったミネラルもたっぷりで、pH(ペーハー、ピーエイチ)は6.5の中性を示す、お肌への刺激の少ないやさしいお湯です。スベスベサラサラとした肌触りが心地良く、湯上り後は、ベビーパウダーを塗ったかのようなサラサラ肌を実感。濃厚な硫黄とたっぷり入ったミネラルの効果で、透き通った美しい肌へと導いてくれます。

DSCF2251

露天風呂では、奥日光の大自然を全身で感じながらの湯浴みを堪能。アロマテラピーのような、やさしい「硫黄の香り」と相まって、心の洗濯をできる癒しの時間です。

そんな癒しの湯浴みを家のお風呂でも!
僕が使っているのはコレです↓
『クナイプ バスソルト ハッピーフォーミー ロータス&ジャスミンの香り』

slide_02_002

https://www.kneipp.jp/bathsalt/happyforme.html
お風呂でアロマテラピー!優雅な花々の香りでリラックス!
ロータス(ハス)とジャスミンの気品あふれる香りです。

DSCF2338

「源泉」は温泉街のはずれにある源泉地から、湧きたてのそのままの状態で各旅館へ配湯されます。地元で湧いたお湯を地元で楽しむ。採りたてのフレッシュな野菜のような、活き活きとした温泉は、究極の「地産地消」。僕の中では、日光一の「パワースポット」です。

小松 歩
(Ayumu Komatsu)
1987年東京生まれ。大学の4年間を北海道で過ごし、その間に生死を彷徨う交通事故の後遺症治療で湯治を体験し、温泉に目覚める。
今では全国で1,100ヶ所以上の温泉に入り、今春には3年間努めたハウスメーカーを退職し、日々、温泉の研究に励みながら「温泉くん/温泉王子」として執筆活動をスタート。
連載に燃えています!

LATEST ENTRIES

『似合う』があるハッピーライフ Vol.11

小柄女性にありがちな思い込みを一掃!

Text : Harumi Nakajima

Revive Japan - Travel Note 番外編

高湯温泉

Text : Keiichi Hasegawa

『似合う』があるハッピーライフ 番外編

ビューティーグッズがあるハッピーライフ

Text : Harumi Nakajima

『似合う』があるハッピーライフ Vol.10

祝 成人〜娘の振袖選び〜

Text : Harumi Nakajima

温泉くん Vol.23

湯ノ花温泉(福島県)

Text : Ayumu Komatsu

NEWS & OHTER TOPICS

Hope Pageants International

Revive Japan - Travel Note Vol.5

「木を食べる」- 静岡理工科大学 志村 史夫 教授

Text : Keiichi Hasegawa

『似合う』があるハッピーライフ Vol.9

骨格タイプ別 トレンチコートの着こなし

Text : Harumi Nakajima

icon-arrow-lup