Qorretcolorage - コレカラージュ

これから彩り重ねる人生
マチュアを楽しむ、ヒトマガジン
A

イベントレポート

上善如水スパークリング酒
presents 落語の夕べ

   Text : Hiroyo Kitamura
Photo : Hiroyo Kitamura

夏のある夜のこと・・・今度は“日本酒を頂きながら落語鑑賞をする”イベントが開催されました。
場所は毎月第3土曜日のTerraceMarcheでお馴染みの広尾にあるINSOLITE BEAUTEのテラス。
毎回毎回趣向を凝らした企画にワクワクします。

7月某日、まだまだ梅雨真っ盛りで雨が心配されましたが、当日は涼しい曇り空でイベント日和。
お酒と落語がお好きな大人たちが集まってくれました。

image1

image2

この日、落語を披露して下さるのは鈴々舎馬桜さん。
古典落語を中心に活躍なさっているベテランの噺家さんです。
最近ではイベントでお話しする機会も増え、落語が題材の漫画「昭和元禄落語心中」が流行っている影響で、若い世代の人達が寄席に足を運んでいる姿も多く見かけるそうです。
落語が以前より身近になっている証拠ですね。
今回も初めてでも分かりやすいお話を選定し、そしてお酒にまつわるお話にして下さり、始まる前は「落語のお酒の話はさ、たいがい失敗の話なんだよ。」と楽しそうに語って下さった馬桜師匠。
これを機会に落語って面白い!と思って頂ける方が増えたら嬉しい、とも仰っておりました。

馬桜師匠の落語の前に、ウエルカムドリンクとして白瀧酒造さんから上善如水のスパークリングが振舞われました。
近年のスパークリング日本酒ブームで、いくつかの酒造メーカーがスパークリングを発売しています。そんな中、上善如水スパークリングはきめ細やかな泡、自然なお米の甘さ、そしてすっきりした味わいで、日本酒の概念を良い意味で覆してくれた様なお酒です。
女性や、特に日本酒にチャレンジしてみたいなって方にはお勧めしたい1本です。
あまりに美味しくて、私もすぐに買いに走ったほどです。
いよいよ鈴々舎馬桜師匠の落語がはじまります。
私自身も落語を聞くのは初めての体験だったので楽しみにしていました。

image3

小話を何個か披露してくれた後、さて本番。
「試し酒」という演目です。
お話が始まった途端、軽快に、身振り手振りで、声色を変えて抑揚もつけて…、あっという間に落語の世界に引き込まれていきました。見ているお客様たちも一様に聞き入っていましたよ。
言葉としぐさだけで皆の頭の中に情景を浮かべさせられるトークの力。
噺家さんて、やっぱり凄いです!!
こういう伝統や古典に触れながら頭でイメージする作業って、普段触れ合うことも少なくなっていますよね。テレビや映画も良いですが、イメージして想像を膨らます時間が、とても楽しかったです。

最後の“落ち”には皆でしっかり笑って、拍手喝采で終わりました。

image4

この夜もう一つ、皆さんが楽しみにされていたのが日本酒の飲み比べです。
新潟の酒造メーカー白瀧酒造より、“上善如水”のスパークリング、純米吟醸、熟成の純米吟醸、純米大吟醸の4種類のお酒を持ってきて下さいました。

image5

白瀧酒造の歴史は古く、新潟の越後湯沢の地に160年前に蔵が出来たそうです。
美味しい空気とお水、魚沼平野の美味しいお米から“良いお酒”作りに取り組み、25年程前にメインブランドの「上善如水」が誕生したのだそう。

飲むお酒だけでなく、ポテンシャルが高い酒粕に注目して、健康と美容にも力を入れている白瀧酒造さん。

image6

食べる事で健康になろう!と、誕生した酒粕ゼリー。
酒粕には食物繊維が沢山入っているのと、良質なたんぱく質が腸内環境を整えてくれ、体の中から快調になれる健康維持食品です。
それを食べやすくゼリーにして、ほんのりお酒味、グレープフルーツ味、ライチ味の3種類で登場。
そのままでも十分美味しいです。少しアレンジしてデザートに入れたりサラダに混ぜたりと、自分流にアレンジしながら取り入れるのも良さそうですよね。私は凍らせて頂いてみました。この季節、とっても美味しかったです。毎日取り入れたいなぁって感じました。

image7

美を追求して辿り着いたのが酒粕を利用したスキンケアシリーズ。
越後湯沢の天然水と酒粕の発酵成分が透き通るようなモチモチお肌へ導いてくれます。
使い心地もしっとりしていて、さすが日本酒から生まれたスキンケアだなと感じます。

日本酒を飲んで楽しんで、
酒粕ゼリーで体の中から健康になって、
スキンケアで美を追求する。
「楽」「健康」「美」。誰もが充実させたい3要素をブランド作りに取り組んでいる素敵な会社ですね。

さてさてイベントのお話に戻ります。

image8

image9

image10

4種類の日本酒と、目でも楽しいアペタイザー。
和食でなくても、日本酒って色んなお料理に合うんですね。
今回のアペタイザーは人気イタリアンレストランのシェフが、この日の為だけに作ってくれた特別メニューでした。和洋折衷どんなシーンにでも合う上善如水の日本酒と共に、イタリアンのシェフが作り出すスペシャルなお寿司も皆さんに大好評!

image11

image12

スパークリングから始まり、先ずは白いボトルの純米吟醸から。
軽い口当たりでスイスイ飲めてしまう飲みやすさでした。

それからピンクのボトルの熟成の純米吟醸は低温貯蔵でじっくり熟成させているそうです。
アジア圏の外国ではこのお酒が1番人気なのだそう。

そしてブルーのボトルの純米大吟醸へと続きます。
しっかりした重厚さの中に、お米本来の上品な甘みも感じられて、さすが大吟醸の貫禄です。

どのお酒も皆さんに大人気でした。
一通り試されて、「やっぱりこれが好き!」と選ばれるお酒が皆さんバラバラなのが印象的でした。
「このあっさりした感じが好き!」「どれも好きだけどこの重さが後を引く美味しさですね。」「このスパークリング、お正月に家族で飲みたいな。」
などなど、笑顔で沢山の方がお話しして下さいましたよ。

白瀧酒造の江藤さんが、日本酒の楽しみ方は“醸造酒は悪酔いするものなので、話ながら食べながら、時にチェイサーとしてお水を飲みながら、ゆっくり楽しんで下さい。”と仰っていて。
早速実践している皆さんを微笑ましく感じました。

お酒以外にも、酒蔵の井戸から天然のお水も新潟から持ってきて下さいました。
もちろんお酒にも化粧品にも酒粕ゼリーにも、この天然水を使っているそうです。
お酒を仕込む時に使うお水なので、「仕込み水」と呼ぶそうなのですが、このお水が本当に美味しくてビックリしました。まろやかで優しくて、こんなお水で作った日本酒は美味しいに決まってます!

image13

白瀧酒造の松村さんと江藤さん。
日本酒を振舞いながら日本酒の良さを皆さんと談笑されていました。
そして落語を披露して下さった鈴々舎馬桜さんも、すっかり寛いで皆さんとお酒を飲まれていましたよ。

落語を聞いて、話のパワーを感じ、
日本酒を飲んで、周りの人と話をする楽しさを味わえた、とても有意義な一夜でした。
足を運んで下さった多くの皆さんにも楽しかったと言って頂けたので、今回のイベントも大成功です!!

image14

いつもイベントを行っている場所の1階では期間限定のライフスタイルセレクトショップが7月4日にオープンいたしました。
Terrace Marche by Balata conciergeという店名通り、自然光で照らされた明るくお洒落な店内になっています。

image15

サボテンからお洋服まで、洗練された商品を随時取り揃えてお待ちしています。
アクセサリー、花器、食器などなど、見応えたっぷりです。
今回のイベントに協力して下さった上善如水スキンケアラインもお手に取って試せるチャンスですよ!
地域の皆さんともコミュニケーションを取れるようなお店にして行きたいと思うので、宜しくお願い致します。

月に一度、第3土曜日のテラスマルシェも絶賛開催中です。
ぜひ広尾に遊びに来てくださいね!!

Terrace Marche by Balata concierge
東京都港区南麻布5-6-13 グリーンコア広尾1F(ヘアサロン/アンソリット1F店内となります)
TEL:03-3280-6040

■営業時間
月 10:00~18:00
水 09:30~19:00
木 09:30~20:00
金日祝 10 00~19 00
土 10:00~20:00
※定休日:火曜日

LATEST ENTRIES

『似合う』があるハッピーライフ Vol.10

祝 成人〜娘の振袖選び〜

Text : Harumi Nakajima

温泉くん Vol.23

湯ノ花温泉(福島県)

Text : Ayumu Komatsu

NEWS & OHTER TOPICS

Hope Pageants International

Revive Japan - Travel Note Vol.5

「木を食べる」- 静岡理工科大学 志村 史夫 教授

Text : Keiichi Hasegawa

『似合う』があるハッピーライフ Vol.9

骨格タイプ別 トレンチコートの着こなし

Text : Harumi Nakajima

Revive Japan - Travel Note Vol.4

「木を食べる」-天竜 T.S.ドライシステム協同組合

Text : Keiichi Hasegawa

Revive Japan - Travel Note Vol.3

「木を食べる」- つぶ食 いしもと

Text : Keiichi Hasegawa

Revive Japan - Travel Note Vol.2

「木を食べる」- 天竜杉と樽脇園

Text : Keiichi Hasegawa

icon-arrow-lup