Qorretcolorage - コレカラージュ

彩り重ねるコレカラの人生
大人のハッピーエイジングメディア

MEET THE LOCAL HEROES

細胞がよろこぶシルクの可能性 JOHANAS

世界中でアートやデザインのビジネスに携わってきたブランドコンサルタント/プロデューサーの鶴本晶子が、日本全国それぞれの地域に根付いて活動しているものづくりの達人や匠を紹介する企画 “Meet the local heroes”(ミート・ザ・ローカルヒーローズ)。今回は株式会社松井機業 6代目(見習い)の松井紀子さんをお迎えして、私たち日本人と5000年の付き合いである「お蚕さん」から生み出すシルクの可能性、浄化力の高い麻炭の力などについて、奥深い話をお伺いします。

動画をご視聴いただいた皆様には、本編で紹介されているJohanasの商品を、15%オフの特別価格でご提供いたします。
この特別な機会に、是非、Joahanasの製品をお求めください。

日本が誇る技術から生まれた素晴らしい製品を、お手に取っていただければ幸いです。

※特別価格は提供期間、限定数に達し次第、終了いたします

鶴本 晶子
Shoko Tsurumoto
大分県湯布院出身、女子美術短期大学卒業後、現代美術家コラボレーターとして東京、NYを拠点にヴェネチアビエンナーレ、TATEギャラリープロジェクトなどアーティストマネージメントに世界的に活動後、日本のものづくり世界ブランド創りに着手、2007年新潟燕三条のチタンテーブルウエアブランド「SUSgallery」を立ち上げ、企画開発からマーケティング、ブランディングを行い、企画、デザインの真空チタンカップが2010APEC20ヶ国首脳のギフトに選ばれ、町工場の技術をブランドに昇華させ、国内外の一流流通を作り上げる。2015年富山高岡の鋳物工場を母体とする、「NAGAE+」ブランドを立ち上げ、取締役兼COOに就任し、総合的なブランディングを行い、2017年来日の際のトランプ大統領メラニア夫人へのギフトに安倍首相より、鶴本デザインの錫製ブレスレットが贈らる。2019〜石川県金沢市株式会社箔一ブランドディレクターに就任。慶應義塾大学経済研究所、インバウンド観光研究センター 一般社団法人インバウンド観光総研顧問、企業のブランディングコンサルタント、経産省、行政などのアドバイザーを務めながら、ブランドプロデューサーとして、メイドインジャパンの世界発信、ブランドプラットホーム創りに邁進している。

株式会社箔一
shokolatt
松井紀子
Noriko Matsui
富山県南砺市城端生まれ。高校卒業後に上京。大学卒業後は家業である絹織物業を継ぐように言われるも東京に残り、全く畑違いの証券会社にて有意義な社会人生活を送る。2009年、上京した父とともに客先を訪問したことがきっかけでシルクの素晴らしさに目覚め、「人生にリハーサルなどない!」と思い、翌年の夏に1877年より続く家業を継ぐことに。かつては「城端は機の声の町なり」(柳田国男)と言われていたほど街中で機の音が響き渡っていたが、現在、富山県で絹織物業を営むのは松井機業のみとなってしまった。機の声を絶やしてはなるまいと、2014年自社ブランド「JOHANAS(ヨハナス)」を立ち上げ、2015年ミラノ万博で城端絹のPR活動を行うなど、城端絹の新たな開発・販路開拓に力を注いでいる。

ヨハナス
株式会社松井機業